白 泡 Moscow

古美門: 素晴らしい!皆さんのお考えに感服いたしました。さすがふれあいと絆の里だ。それではそのように手続きしましょう。黛君あとは頼んだ。さようなら。
黛: 先生これでいいんですか。
古美門: いいんだよ。
黛: でも……。
古美門: 彼らが良いと言ってるんだから。ですよね皆さん?
村人: ええ、この世には金よりも大事なものがありますから。な!
古美門: 見たまえ、彼らの満足そうなこの表情を。ズワイガニ食べ放題ツアーの帰りのバスの中そのものじゃないか。黛君よく覚えておきたまえ、これがこの国の”馴れ合い”という文化の根深さだ。 人間は長い年月飼い馴らされるとかくもダニのような生き物になるのだよ。
村人: ダニ!? 俺たちのこと言ってんのか!?
古美門: 他に誰かいますか?自覚すらないとは本当にうらやましい。 コケにされているのも気づかないまま墓に入れるなんて幸せな人生だ。
村人: あんたちょっとひどいんじゃないか?
古美門: 申し訳ありません最初に申し上げたとおり皆さんのような惨めな老人共が大っ嫌いなもんでして。
村人: おい若造、お前何なんだよ!お前そんなに偉いのか!
村人: そうよ!目上の人を敬うってことがないの!?
村人: 私たちは君の倍は生きてんだ!
古美門: 倍も生きていらっしゃるのにご自分のこともわかっていらっしゃらないようなので教えて差し上げているんです。いいですか、皆さんは国に見捨てられた民、棄民なんです。国の発展の為には年金を貪るだけの老人なんて無価値ですから、ちりとりで集めてはじっこに寄せて、羊羹を食わせて黙らせているんです。大企業に寄生する心優しいダニ、それが皆さんだ!
黛: 先生もうやめてください!
村人: てめえだってダニに寄生してる黴菌じゃねえか!
村人: あたしたちの何が気に入らないの!
古美門: かつてこの地は、 一面に桑畑が広がっていたそうですよ。 どの家でも蚕を飼っていたからだ。それはそれは美しい絹を紡いだそうです。 それを讃えて人々は、いつしかこの地を”絹美”と呼ぶようになりました。

養蚕業が衰退してからは稲作に転じました。 日本酒に適した素晴らしい米を作ったそうですが、政府の農地改革に  よってそれも衰退した。 その後はこれといった産業もなく、過疎化の一途を辿りました。 市町村合併を繰り返し、補   助金でしのぎました。五年前に化学工場がやってきましたねぇ。 反対運動をしてみたらお小遣いが貰えた、多くは農  業すら放棄した。ふれあいセンターなどという中身の無い立派な箱物も建ててもらえた。使いもしない光ファイバーも  引いてもらえた。ありがたいですねぇ。絹美という古臭い名前を捨てたら、”南モンブラン市”というファッショナブルな   名前になりました。なんてナウでヤングでトレンディなんでしょう。
…そして今、土を汚され、水を汚され、病に冒され、この土地にも最早住めない可能性だってあるけれど、でも商品券  もくれたし、誠意も絆も感じられた。ありがたいことです、本当によかったよかった!
これで土地も水も甦るんでしょう!病気も治るんでしょう!工場は汚染物質を垂れ流し続けるけれどきっともう問題は 起こらないんでしょう! だって絆があるからぁぁ!!!
村人: うがー!! (古美門を殴る)はなせーてめえなんかーぶっ殺してくれるうぅぅ………!!
村人: ジョウジの気持ちはもっともだ……!
村人: そうよ……。どうしてそんな酷いことが言えるの!あんたは悪魔よ!
村人: あんたなんかに、俺たちの苦しみがわかってたまるか…!俺たちだってあんたの言ったことぐらい嫌というほどわかってる…。 みんな悔しくて悔しくて仕方ないんだ……!だけど、……必死に気持ちを押し殺してッ……,納得しようとしてるんじゃないかッ!
古美門: なぜ? ゴミクズ扱いされているのをわかっているのに、なぜ納得しようとしてるんです?
村人: 俺たちはもう年寄りなんだ
古美門: 年寄りだからなんなんですか?
村人: 具合が悪いのにみんな頑張ってきたんだ
だから何だってんだああああァァッッッ!!!

だから労わってほしいんですか?だから慰めてほしいんですか? だから優しくされたらすぐに嬉しくなってしまうんですか? 先人たちに申し訳ないと、子々孫々に恥ずかしいと思わないですか?
何が南モンブランだ……!絹美村は本物のモンブランより遥かに美しいとどうして思わないんですかッ!!
誰にも責任を取らせず、見たくないものを見ず、みんな仲良しで暮らしていければ楽でしょう。

しかしもし、誇りある生き方を取り戻したいのなら!見たくない現実を見なければならない! 深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない!戦うということはそういうことだ!!愚痴なら墓場で言えばいいッ!!!
金が全てではない?金なんですよ! あなた方が相手に一矢報い、意気地を見せ付ける方法は! 奪われたものと、踏みにじられた尊厳にふさわしい対価を勝ち取ることだけなんだッ!! それ以外にないんだッ!!!!

錦野春夫さん、あなたは元郵便局長だ。幾度となく閉鎖されそうになった村の郵便局を最後まで守り抜いた!守口三郎さんは小学校の校長先生。村にいた子供たちはみんな、あなたの教え子だ! 奥さんの久子さんは町のデパートの化粧品売り場で月間売り上げの記録の保持者!郷田譲二さんは実に100haもの田畑を開墾した!河田さと子さんとご主人は、田んぼをやりながら日雇いの仕事をいくつもいくつも掛け持った!富田康弘さんは商店街の会長。毎年祭りを盛り上げて、あのクリスタルキングを呼んだこともある!!板倉初江さんは、女だてらにクレーン車を動かし、六人の子供を育て上げた!!
敗戦のどん底から、この国の最繁栄期を築き上げたあなた方なら!
その魂をきっとどこかに残してるッ!!!


………はずだと期待した私が愚かでした。いいですか、二度と老後の暇つぶしに私を巻き込まないでいただきたい。心優しいダニ同士お互い傷を舐めあいながら穏やかに健やかにどうぞくたばっていってください!それではみなさん、さようならッ!!!

なんともあっけなく終わってしまって、好きってそんなもんか。与えてもらった言葉も軽くてからっぽになってしまった。そんなもんだった。

今は何のヤル気も起こらなくて 苦しいし悲しいのに涙も出ない寝たいのに眠れない

辛くて苦しい4年間だった。結果がこうだから尚更。幸せだったとは正直言えない。結局分かってて、だからよかった

今のわたしなら絶対に幸せになれる
全部過去にできたから、幸せになれる

消化するまでは時間かかるけど、自分なりに整理して、これからまた踏み出していこう。

「もう要らない。」

ほんとは少し、心が軽い

夏が終わってしまう。寂しい。

「どうでもいいや」がいっぱい使えて、だから良いのだ。現実から逃げても良い ( 気がする ) 季節

今年の夏は、生きてきた中で最高に楽しくて最高に幸せな夏でした。いっしょに遊んでくれたみんな、ありがとう。

記憶がだんだんと無くなって 、
いつのまにか 思い出せなくなった

記憶がだんだんと無くなって 、
いつのまにか 思い出せなくなった

By far
the finest tumblr
theme ever
created
by a crazy man
in Russia